過バライ金デメリット リスク

































































過払い金請求を行う際に知っておきたいこと

貸金業者からお金を借入する際には、法律により返済時に掛かる利息の上限が定められています。ですがかつてはグレーゾーン金利という形で法律で制限された利息よりも高い設定で、お金を貸し付けていた貸金業者が珍しくなかったのです。

もっとも利息制限法で定められた金額よりも高い利息を支払った場合は法律上は支払い過ぎたお金となり、過払い金請求を行う事で貸金業者から返金して貰う事が出来ます。
ただし過払い金には時効があり、最後に取引してから10年以内でないと請求出来ません。だからこそ過払い金請求を考えている人はまず、時効を迎えていないかを確認すべきです。
特にその借金を完済している人は、うっかりしていると時効を迎えてしまい、過払い金請求が行えなくなるので注意する必要があります。

更に借金を返済中の人でも、その借金の返済時に過払い金の存在に気付いて請求すれば、その金額分を差し引いて借金を減らす事が可能です。支払い過ぎたお金が戻って来るのが過払い金請求を行う大きな利点ですが、注意すべき点もあります。それは完済後でも返済中でも、過払い金請求を行ってしまうとその業者から新たな借入が出来なくなる事です。加えて返済中に過払い金請求を行った場合には、債務整理を行ったのと同じ扱いになり、事故情報として信用機関に一時的に登録されてしまいます。